【必見】ベビーカーの違いを徹底比較!a型 b型 の悩み・選び方

a型、b型またab型のベビーカーがあり、どのベビーカーを選んだら良いか悩みますよね。

また、選択肢がたくさんあって、どれが一番子供にとって快適で、使いやすいのか、悩みますよね。でも、大丈夫ですよ!

きちんと事前調査をすれば、きっと子どもが喜ぶような、安全で信頼できる、使いやすいベビーカーが見つかるはずです。

実は私も、新しい家族の一員を迎えるために、色々なベビーカーを調べたり、選んだり、購入したりしました。

その経験を活かして、これからのお母さん・お父さんの皆さんとベビーカー選びのノウハウを共有したいと思います。

どうか、私の経験が皆さんのベビーカー選びの悩みを解決できる助けとなりますように!

ベビーカーの型について

ベビーカーは、a型、b型、ab型の3つの型式があります。

それぞれには、対面式ベビーカーと背面式ベビーカーの2つのタイプが存在します。

まずは、各型式の特徴やメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

a型b型ab型
使い始め時期生後1ヶ月生後7ヶ月生後1ヶ月
リクライニング角度170度~180度120度~150度170度~180度
ベビーカー重量4~7kg3~5kg4~6kg
特徴新生児から使用できる。
対面式と背面式がある。
軽量でコンパクト。
背面式が主流。
a型とb型の両方の機能。
軽量でコンパクト。
オススメ長期間使用したい人。持ち運び〇、操作性◯長期間使用したい人。
メリット新生児から使える軽量でコンパクト新生児から使える
軽量でコンパクト
デメリット重い新生児から使えない。a型より重い、B型より高価
価格2万円~5万円1万円~3万円3万円~5万円

ベビーカーの型式は子どもの成長にあった型や使い勝手が良い型と違いがあることが分かります。

新生児期では安全性と快適性が最優先ですが、子どもが少し大きくなると、機能性や操作性が重要になってきます。

そのため、子どもの成長に合わせて、最適なベビーカーを選ぶことが必要になってきます。

適切なベビーカーを見つけて、外出先では楽しく過ごせるようにしましょう。

しおり

私は対面式ベビーカーab型を購入しました。

ベビーカーの悩みである費用が決め手の1つになりました。

長い期間使用することを考えると安かったと実感しています。

ベビーカーの選び方について

ベビーカーの選び方は、お母さんやお父さんにとって重要な一歩、そして子どもの安全と快適さを保つために必要です。

これを軽視すると、子どもやお母さん、お父さんの日常生活に大きな影響を与え、ベビーカー使用時に悩みができることになってしまいます。

そこでベビーカーを選ぶ際の重要なポイントを解説し、日常生活を快適に過ごすためのアドバイスをしますね。

ベビーカーの安全性

ベビーカーを選ぶ際には、安全性が最も重要なポイントです。

安全なベビーカーを選択するためには、以下のポイントに注意しましょう

  1. 子どもを安全に乗せられる構造。
    • 子どもの転倒リスクを防げる。
  2. ベビーカーのフレーム安定性を確認
    • ベビーカーが揺れないので、ベビーカーの横転リスクを減らせる。
  3. ハーネスやシートベルトの確認。
    • 子どもの立ち上がりやベビーカー横転した時に、怪我リスクを防げる。
  4. ブレーキがあるベビーカーは、ブレーキ性能を確認。
    • ベビーカーを坂道で使用した時に、ベビーカーの事故リスクを減らせる。
  5. 安全基準をクリアしている。
    • 製品安全協会がベビーカーの安全を保証している。
    • 海外製品は安全基準を満たしていない場合があるので注意。

ベビーカーを選ぶ際には安全性を最優先に考えることが大切です。

だから、子どもを安全に運ぶためにも、しっかりとチェックしてベビーカーを選んでください。

ベビーカーの使いやすさ

ベビーカーを選ぶ際には、使いやすさも重要な要素です。

快適なベビーカーを選ぶためには、以下のポイントに注意しましょう。

  1. 持ち運びがしやすいものを選ぶ
    • 折りたたみでコンパクトになる、そして軽いベビーカーが快適。
  2. 赤ちゃんの快適さで選ぶ。
    • リクライニング機能や帆よけが大きいベビーカーは子供が快適に乗れる。
  3. 日常の使い勝手の良いベビーカーを選ぶ。
    • 荷物カゴの大きさや使い勝手が良いベビーカーは実用性メリットが高い。

ベビーカーを使う環境

ベビーカーを選ぶ際には、使用する環境に合わせた選択をすることも重要です。

以下のポイントに注意しながら、環境に合ったベビーカーを選びましょう。

  1. 階段が多い環境
    • 軽量のベビーカーを選ぶのがベスト。
    • 手で運ぶことが多くなることはストレスになる。
  2. 狭い通路が多い環境
    • 小回りがきくベビーカーを選ぶ。
    • 大きいベビーカーだと、壁などに引っ掛かって鬱陶しくなる。
  3. 車や公共機関の使用が多い環境
    • 折りたたんだ時にサイズが小さくなるベビーカーを選ぶ。
    • 折り畳めないものや折りたたみサイズが大きいベビーカーは周りに気を遣うことになる。

ベビーカーを使う生活スタイル

ベビーカーを選ぶ際には、自分の生活スタイルに合わせた選択をすることが大切です。

以下のポイントに注意しながら、自分に合ったベビーカーを選びましょう。

  1. 外出が多い生活スタイル
    • 走行性や振動が少ないベビーカーを選ぶのがベスト。
    • ベビーカーの振動による手の痛みや走行性の悪さがあった時にストレス。
  2. 荷物が多い生活スタイル
    • ベビーカーでも多くの荷物が乗せられるものを選ぶのがベスト。
    • 荷物カゴが小さい場合は、子どもの荷物が多くて外出することが嫌になるかも。

日常生活を快適に過ごすためのベビーカー選びについての重要なポイントを解説しました。

ベビーカーの購入時に抱える悩みが少しでも軽減されていれば嬉しいです。

しおり

私がベビーカーを買った時は、居住環境を考えて購入しましたよ。

多くの荷物が乗せられるベビーカーは思ったより大切です!

対面式ベビーカーについて

ベビーカーのa型、b型、ab型の説明や選び方について解説をしました。

しかし、対面式ベビーカーのメリット・デメリットのことも知りたいと思いますのでお伝えします。

対面式ベビーカーのメリット

  1. 子どもが親を見ることができるよ。
    • 対面式ベビーカーだと、子どもがお母さんやお父さんの顔を見れるから安心。
  2. 親子間のコミュニケーションが円滑になる。
    • 子どもの顔が見えて、子どもとのコミュニケーションが増える。
  3. 子どもの状況を把握できる。
    • 子どもが泣いたり不安そうな顔をした時に、すぐに対応ができる。

対面式ベビーカーは、親子のコミュニケーション、赤ちゃんの安全とケアの面で有用なものになります。

しおり

私は対面式ベビーカーを使いました。多くの荷物が乗せることができ、また子供の状況を把握できるベビーカーでしたよ。

子どもの顔が見れたのは良かったですよ!!!

対面式ベビーカーのデメリット

  1. 対面式ベビーカーは構造上、一般的なベビーカーより重たいよ。
    • 長時間の使用や持ち運びが必要な場面では、重さを感じる。
  2. 折りたたみが煩わしい
    • 折りたたむ時に、操作が少し複雑だったり、折りたたんだ後のサイズが大きい。
  3. 価格が高い
    • 機能やデザインが充実している一方で価格が高い。

自分のライフスタイルや使い方に合った対面式ベビーカーを選ぶのが良いですよ。

対面式ベビーカーの悩みを解決できたと思います。

しおり

デザインが気に入った対面式ベビーカーを買いましたが、高かったです。

しかし、デザインや機能を気にしなければ、安い対面式ベビーカーがありますよ。

おすすめベビーカー

市場には、数多くの種類とブランドのベビーカーが存在しています。

これらは、デザイン、機能、耐久性など、さまざまな特徴と利点を持っています。

特におすすめしたい、機能性とスタイリッシュさを兼ね備えたベビーカーをご紹介します。

サイベックス オルフェオ cybex ORFEO a型(対面 非対応)

項目特徴備考
使用対象月齢生後1ヶ月~22kg(4歳まで)長期間使用できる
リクライニング170°までリクライニング可能フルフラットにはならない
大型幌日差しをしっかり遮る
タイヤ前輪17cm、後輪25cm段差に強い
サスペンション前輪・後輪振動を吸収し、スムーズな走行
荷物カゴ5kg容量は大きい
開閉方法片手で折りたたみ可能簡単で便利
安全機能5点式ハーネス安全に配慮
カラー5色好みや服装に合わせられる
重量6.1kg軽量で持ち運びやすい
折りたたみサイズ奥行き15.5cm×幅47.5cm*×高さ52.5cmコンパクトに折りたためる

サイベックスオルフェオcybexORFEOは、軽量でコンパクトなベビーカーです。

生後1ヶ月から使うことができ、リクライニング機能も付いています。

大きな幌は日差しをしっかりと遮り、前輪と後輪はサスペンションがあり、段差に強いです。

さらに、荷物カゴの容量も大きく、片手で折りたたみが可能です。

5点式ハーネスも装備されており、安全面にも配慮されています。

カラーバリエーションも豊富で、好みや服装に合わせて選ぶことができます。

サイベックス オルフェオ cybex ORFEOは、以下のような方におすすめです。

  • 軽量でコンパクトなベビーカーを探している方
  • 生後1ヶ月から長く使えるベビーカーを探している方
  • 荷物が多い方
  • 赤ちゃんを快適に寝かせたい方
  • 段差が多い場所での使用および公共機関に多く乗ることを想定している方

bugaboo Butterfly ベビーカー バギー b型(対面 非対応)

項目特徴備考
重量7.3kg軽量で持ち運びやすい
折りたたみサイズ奥行き23cm×幅45cm*×高さ54cmコンパクトに折りたためる
使用対象年齢生後6ヶ月~22kg(4歳)長期間使用できる
リクライニング165°までリクライニング可能十分なリクライニング
大型幌日差しをしっかり遮る
タイヤ前輪14.5cm、後輪20.5cm段差に強い
サスペンション前輪・後輪振動を吸収し、スムーズな走行
荷物カゴ8kg大容量
開閉方法片手で開閉可能簡単で便利
安全機能5点式ハーネス安全に配慮
カラー4色好みや服装に合わせられる

bugabooButterflyベビーカーバギーは、軽量で持ち運びやすいベビーカーです。

コンパクトな折りたたみサイズで収納や持ち運びがしやすく、リクライニング機能も充実しています。

大きな幌は日差しをしっかりと遮り、前輪と後輪はサスペンションが付いているため、段差や悪路でも走行しやすいです。

さらに、荷物カゴの容量も大きく、片手での開閉も簡単です。

5点式ハーネスも装備されており、安全面にも配慮されています。

カラーバリエーションも豊富で、スタイリッシュなデザインを求める方におすすめです。

bugaboo Butterfly ベビーカー バギーは、以下のような方におすすめです。

  • コンパクトに折りたためて、収納や持ち運びがしやすいベビーカーを求めている方
  • スタイリッシュなデザインのベビーカーを求めている方
  • 片手で操作できるベビーカーを求めている方
  • 段差や悪路でも走行しやすいベビーカーを求めている方
  • 荷物が多い方
  • 旅行や外出が多い方

まとめ

このブログでは、ベビーカー選びの重要性について詳しく解説しました。

一見単純に思えるベビーカー選びの悩みですが、実は子供の喜びや使用のしやすさに直結しています。

そのため、適当に選ぶのではなく、事前にしっかりと調査をして、納得のいくものを選ぶことが大切です。

私自身も多くのベビーカーについて調査を行い、悩みを解消して購入に至りました。

そして、この経験から得た重要なポイントや型式などを皆さんと共有できたことを嬉しく思います。

ベビーカー選びで迷っている、悩みがある方への助けになれば嬉しいです。

関連する記事はこちら

Leave a Comment

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です